セディナで過払い金請求する場合の和解や返還までの期間と対応

セディナで過払い金請求する場合の和解や返還までの期間と対応

過払い金請求でのセディナの対応

セディナは、クレジットカード等を発行する会社です。信販会社としての知名度が高いです。 今回は、セディナにキャッシングサービスやカードローン等での、過去の借金に対する過払い金請求を行った時の、相手側の対応について書いてみたいと思います。 弁護士に過払い金請求の代行を行ってもらうと、流石に大手の信販会社だけあって裁判にもっていったり、逆に弁護士をたてて戦う姿勢を見せてくる等の事もなく、過払い金の返却に素直に応じてくれる場合が多いです。もしも、請求を行うのが借金をしていた本人の場合ですと、法的な根拠を示す事や複雑な手続きを行う事が出来ずに、過払い金を取り戻せなくなる場合もあります。確実に過払い金を返却してもらうには、やはり弁護士に代行してもらうのが確実と言えるでしょう。 弁護士に代行してもらった方が、相手側の対応も確実に良くなると思います。

セディナへ過払い金請求をした時に返還までの期間はどのくらいか

金融機関から融資を受けて、利子をつけて完済したけれど、金利が利息制限法の上限以上というケースでは過払い金請求が可能です。このプロセスとしては、融資をした金融機関に取引履歴を開示してもらい、実際の返済額と法律通りの金利で計算した返済額の差額を計算します。そして余計に支払った分を過払い金請求で返還してもらうのです。 三井住友銀行系列の3社が合併して誕生したセディナという会社があります。その合併した会社で以前に発生した過払い金をセディナに返還請求することが可能です。基本的に満額の返還をしてくれる会社ですが、返還請求をした場合の対応が遅い会社ともされています。返還までの期間にかかる期間としては、取引履歴を開示するまでに2か月、そこから返還までの期間が裁判をした場合で6か月で裁判をしなければ7か月が目安です。

セディナの過払い金請求における和解までの期間

セディナは大手クレジットカード会社です。大手の銀行がバックにあるため、倒産の心配が少なく、優良な会社の一つであると言えます。 同社に過払い金請求をした際の和解までの期間は、3〜4か月と言われています。他社の過払い金請求の際の和解までの期間は、会社によっても違いますが、早い所では2か月ほどで完了する場合もありますので、やや遅いと言えます。 しかしこれはセディナ対応が悪いという事ではなく、銀行資金を利用しているため時間がかかると言えます。 他社の場合もそうですが、過払い金の請求を考えている場合は、迅速に行動する事が必要不可欠です。和解で収まるのが一番いいですが、あまりにも時間がかかる場合には訴訟という事も考えましょう。

貸金別過払い請求情報

過払い請求におすすめ事務所

↑ PAGE TOP