レイクで過払い金請求する場合の和解や返還までの期間と対応

レイクで過払い金請求する場合の和解や返還までの期間と対応

過払い金請求に対するレイクの対応

貸金業者に過払い金請求をする場合、返還率や返還までにかかる時間は業者によって異なります。また、過払い金請求をするのがお金を借りた本人か弁護士などの専門家かによっても業者の対応は異なり、一般的に専門家を通して請求をした方が良くなります。 レイクは大手銀行の新生銀行グループということもあり、資金面で余裕があるので、他の業者よりも比較的対応が良い傾向があります。レイクの過払い金の返還率は満額の80〜100%前後です。返還までにかかる時間は、交渉によって和解が成立した場合は平均で4〜5か月、交渉に失敗して訴訟を起こした場合は平均で6〜7か月です。ただし、これらの数字はあくまで目安なので、参考程度にしておくことが大切です。

レイクの過払い金請求と返還までの期間は

レイクの過払い金請求と返還までの期間は,"かつてレイクでお金を借りたけども、後になって過払い金が発覚した場合、その過払い金請求をする時にはどうしたらいいでしょうか。 もし個人で行う場合は、気になるのがどのくらいの過払い金を請求できるのかということと、どのくらい返還までの期間がかかるかということです。 レイクは現在、新生銀行のグループに入っていますので、過払い金請求をして変換されないということはあまり考えられません。 過払い金を請求する場合はその8割から10割は返ってくるはずです。また、返還までの期間は半年前後と考えておくべきです。 もし、個人で返還請求がしにくい場合は、少しお金がかかりますが、法律事務所などの相談して代理で請求をしてもらうのが良いでしょう。

レイクの過払い金請求による和解までの期間について

消費者金融にレイクという会社があります。この企業は新生銀行の傘下にあるため割と資金は潤沢にあると言われています。 では、過去にレイクでお金を借りて返済するときに過払い金が発生してしまった場合、過払い金請求はどれくらいの返還が可能でしょうか。過払い金請求後、和解までの期間は任意で行った場合は1か月程度、裁判で争った場合は和解までの期間は2か月程度が普通です。 その際、任意の場合は過払い金のうち7割程度が返還されます。裁判手続きを経た場合には10割が返還可能と言われています。わざわざ判決を待たずに和解をするのは、判決が出るまで長引かせるのはお互い資金がかかることや、敗訴だった場合ダメージが大きいなどの理由によるものです。

貸金別過払い請求情報

過払い請求におすすめ事務所

↑ PAGE TOP